募金について



募金箱回収のお願いとお知らせ




募金箱設置していただいた店舗・施設様、設置にご協力いただいた方々に厚く御礼申し上げます。
皆様のお力添えにより、募金が目標金額に達することが出来ました。

5月末日より募金箱の回収を始めます。
6月末までにすべての募金箱を回収させていただきたく、ご協力をよろしくお願いいたします。

ご担当者各位
ご担当者様は募金箱設置場所へ、回収のご連絡をお願いします。
回収は原則、募金箱を設置、発送、手渡しをした担当者様にお願いしていますので、お手数ですがご対応をお願いいたします。
募金額を回収の上、銀行口座へのお振り込みください。

募金箱設置店舗・施設様各位
募金箱回収については、施設へ設置してくださった方へお願いしております。
店舗・施設様からお振り込みいただく場合にも、以下についてご留意ください。

※※お振り込みの際の注意点※※
お振り込みの際は事前に当会のお問合せページより、募金箱ナンバーをご連絡ください。
また、振り込む際の振込人名の冒頭に、募金箱ナンバーを記入いただきますよう、ご協力お願いいたします。
お手数ですが、募金箱はお手元での処分をお願いいたします。
ご都合により、直接回収をご希望の方は、事務局までご連絡ください。

なお、当会は役員6名と少数での運営のため、ご協力くださった皆様のリスト集計に事務処理が追い付かず、公開まで至っていないことにつきお詫び申し上げます。
全ての募金箱を回収しましたら、リストも公式サイトにて公開させていただきます。

ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

以上、何卒よろしくお願いいたします。




募金の使い途(内訳)

アメリカで追加の再検査が必要になる、ICUにて移植待ちする事が必要になる場合があり、
募金中に目標金額を増やしたり、追加募金活動をさせて頂く可能性があります。

デポジット150万ドル*1 1億6千5百万円
予備費500万円*2
滞在費800万円*3(看護師の費用を含む)
渡航費500万円*4(まこちゃん、主治医、看護師、お父さんの費用を含む)
事務費300万円(交通費含む)
*1
デポジットは初期費用としてスタンフォード大学メディカルセンター支払うお金です。
1ドル=110円で計算しています。
*2
まこちゃんの身体状況で金額が変わります。
検査費用、病室がICUになる等、不特定要素が沢山あるため増える場合があります。
詳細はスタンフォード大学と調整中です。
*3
滞在費には看護師費用も含みます。
まこちゃんの滞在中は体調管理のため日本人の看護師が付き添います。
*4
渡航費はまこちゃん、ドクター、看護師、お父さん分を含む。
渡航費には空港までの移動費用も含みます。

救う会のチラシ

チラシを印刷して配布・掲示いただける方は、下記をダウンロードしてお使いください。

配布用B5サイズチラシ ダウンロード
配布用B6版募金箱貼付用チラシ ダウンロード
インク節約版A4サイズチラシ ダウンロード
インク節約版B5サイズチラシ ダウンロード